• ホーム
  • 高血圧症の改善方法について長岡グランドホテルで知る

高血圧症の改善方法について長岡グランドホテルで知る

2019年12月21日
薬を飲んでいる女性

高血圧症は、その名の通り血圧が高いことをさす疾患であり、日本の代表的な疾患の一つです。
罹患者数は800万人を超えるとも言われ、日々さまざまな医療機関にて治療が行われています。
高血圧症が怖いと言われる所以は、「サイレントキラー」とも呼ばれるように自覚症状なく進行していくことです。
会社や自治体の健康診断で、指摘を受けた、あるいは受診を勧められたという方も多いのではないでしょうか。
自覚症状がないがゆえ、適切な処置をせず放置に至りがちで、脳卒中や心筋梗塞などを生じて初めて気が付く、というような事態が起こりうるというところに怖さがあります。
近年では、日本の高血圧症の基準が以前と比較して下がってきているということもあり、高血圧症あるいは予備軍とされる人が非常に多く、その治療が平均寿命の底上げにつながっています。
これら高血圧症の治療は、他の疾患と同じくよりよい治療法を探って日々変化していますが、その最先端に立っている医師の情報交換の場となっているのが学術講演会であり、その中でも新潟県でよく講演会が行われる会場の一つが長岡グランドホテルです。
長岡グランドホテルは新潟県長岡市にあるホテルで、アクセスの良さが利点で、大中小の宴会場や結婚式場などの豊富な設備があり利便性が高いことで知られています。
これらの講演会では日々、改善方法についての講演や議論が繰り広げられています。
医療の実際と、よりよい改善方法を探る上での議論を見ることができます。
長岡グランドホテルの講演会で、高血圧の改善方法について知る機会があるかもしれません。
医師会のホームページなどで講演の予定を確認することができますので、一度見てみるのもいいかもしれません。

関連記事
注意!寒い季節は血圧が高くなる!

高血圧症の場合は寒さを感じる季節には注意が必要です。寒さを感じると思わず身が縮みますが、このとき血圧も上昇しているのです。とくに服を脱ぐときや暖房の入っていない部屋、とくにトイレや脱衣所などへ移動するときは注意が必要です。なぜ寒さを感じると血圧が高くなるのでしょうか。それは体温を逃さないよう毛細血管

2019年09月12日
高血圧と動脈硬化症の種類別リスク

高血圧症は、脳卒中や心疾患、慢性腎臓病などの重大な疾患を引き起こす危険性が非常に高い疾患であり、特に慢性腎臓病を発症すると更に脳卒中や心疾患の発症率が高くなります。明確な発症原因が不明な高血圧症ですが、血管の老化などの動脈硬化や乱れた生活習慣などが血圧を上げる事が確認されています。高血圧症を引き起こ

2019年08月12日
高血圧症時の入浴は危険?

高血圧症とは、上が150で下が100以上を言います。通常上が140以下、下が90以下が正常な範囲内です。ですから上が150を超えていたりする状態が続くと動脈硬化症や心筋梗塞、脳梗塞を起こしやすくなります。特に冬場には注意する必要があります。温度の違いによるお風呂場と脱衣所、またトイレでふんばっている

2019年07月25日